記事検索
 

2009年10月09日

災害時に必要なものは

台風一過。今朝はいいお天気だったのですが、今は曇り空です。
昨日の台風18号は雨台風というよりも”風台風”でしたね。
あまりの風の強さに駐車場のミラーをつけていた支柱が倒れてしまいました。
茨城や千葉では積乱雲の影響で竜巻まで起こったということです。
皆さんのお家は大丈夫でしたか?

台風、地震、堤防の決壊など災害が起こったとき必要なもの。
それは
1.ご近所との助け合い
何かあったときに助け合いが出来ないのは困りますね。日頃から挨拶などするようにして、こんな時はお互い様で助け合う精神が必要です。

2.水・食料
地震などが起こると、事態を把握して行政が救助活動を始め効果が出てくるまでに3日と言うようです。その間自分達で自力で生き延びなければいけません。その為に日頃から備蓄の水・食料を持っている必要があります。

3.電源
停電になったときに夜暗いと不安になるものです。特に子供がいるご家庭などは尚更。
電源やライト、エアーコンプレッサーなどを持っていると、車のエンジンをかけたり、蛍光灯として使ったり。浮き袋やボートに空気を入れたりするのに便利です。
そんないくつも持ってられない・・・。
そうですね。
電源・エアコンプレッサー・蛍光灯・スポットライト・注意を喚起する点滅等を一台でこなすグッズがあります。
非常用電源ジャンプスターター

非常用電源と言っても、常に充電しておき車や自転車の空気を入れる事も出来ます。
海に言ったり、エアークッションを膨らませたり、蛍光灯として勝手口や物置で使ったりもで来ます。
日頃から使い勝手のいい道具なんです。
posted by JACK at 12:03| 埼玉 ☀| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
TOPページへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。